Magakigashima

Magakigashima(盐灶市)

相关信息
建议时长
少于 1 小时
建议修改以优化页面内容。
完善此详情页

体验附近景点的最佳方式


4.0
4 条点评
极佳
1
非常好
2
一般
1
较差
0
很糟糕
0

祈りの小道 美月
日本爱知县961 条分享
2019年12月 • 独自旅游
参拝日は12/1、月次祭の日。運よく開門されていまして参拝できました。

塩竃神社十四末社の一社、曲木(籬島明神)神社。
鎮座地 宮城県塩竈市新浜町1

■御祭神について 
奥津彦大神、奥津姫大神

■開門日について
毎月1日と年3回の鹽竈神社のお祭りの時に開門され、参拝できます。祭祀は塩竃神社で行っています。

■志波彦神社・鹽竈神社の公式サイトより引用
『曲木神社と唱えるように籬は曲木と言った。というのは太古この島を杜松の老木が覆っていた。
この木、一木ながら三つに曲がりくねって、その形は三つの島に見えたといい、曲木はここよりきたと語るのは市内吉津在住の小野初司朗氏である』
『曲木のこと松島町誌は籬は曲木であってとし、この島に曲がった木ばかりで造った社があり、曲木のお宮と呼んでいたのを後の文人が都風に籬の字を当てた』
『別の伝説として、塩竃様がこの島を訪れたとき、そこの人達が穴居生活で不潔な暮らしをしていたので、家を建てる術を教えた。人々は曲り木を組み合わせて住んだので「曲木神」の称号を授けたので曲木島となったと書かれている』

■掲示板より引用-1
「我が背子を 都にやりて 塩竃の まがきの島の まつぞ恋しき」など多くの歌に詠まれた歌枕である籬が島は、塩竃湾の北岸近くに浮かぶ周囲150mの島です。『おくのほそ道』には、塩がまの浦辺から、漁師たちが小舟を漕ぎつらねて捕った魚を分け合う声々とともに、夕月が照らし出すように幽かに望むことができたと記されています。この情景に松尾芭蕉も心を打たれたのでしょう。

■掲示板より引用-2
周囲約155メートルの曲木島は、籬島とも称し往昔鹽竈神社築造の際「曲木を巧みに用いた」籬島名神を祀る小祠が島名の由来といわれている。
市街地造成、商港、漁港の修築等のため、大正以降幾多の塩竃湾内に浮かぶ島々が消え去ってゆき、現在湾内に浮かぶ唯一の島となった。この島は古来名島として歌枕に使われ古今和歌集、続後撰集、新勅撰和歌集、続古今和歌集、不木和歌集(抄)などにはこの島を詠みこんだ歌が数多く見られる。
「我が背子を 都にやりて 塩竃の まがきの島の まつぞ恋しき」(古今集巻第二十 東歌)
昭和38年、漁港建設のためこの島を含む対岸一帯が国の特別名勝区域から解除されたが、以上のような歴史的な背景を持つ島として、昭和41年9月5日、市の名勝として指定された。
平成7年 塩竃市教育委員会
撰写日期:2020年4月27日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

hoshidomutsuo
日本盐灶市25 条分享
2020年1月
先端まで行くと太平洋が広がって、見える。のんびりウオーキングになかなか良い。 橋を渡るのは有料になった。
撰写日期:2020年2月23日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

ponpoko0377
日本东京都1,192 条分享
2018年4月 • 好友
塩竃から遊覧船で松島方面に行くときに見える島と橋です。現在は島には入れないようになっていますが、外から見えるだけでも風情があります
撰写日期:2018年9月12日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

鮎川しいな
東京1,888 条分享
2018年6月 • 独自旅游
芭蕉の『奥の細道』に出てくる島です。芭蕉は塩釜港を出発して、松島港に向かう船からこの島を見ています。現在も丸文観光船の「芭蕉コース」に乗ると、塩釜港を出発してすぐに見えます。歌枕ですが、実際に見ても「そてほど…」って感じです。
撰写日期:2018年7月2日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。
信息遗漏或有误?
建议修改以优化页面内容。
完善此详情页
关于Magakigashima的常见问题

Magakigashima附近的酒店: 在 Tripadvisor 上查看Magakigashima附近的所有酒店

Magakigashima附近的餐厅: 在 Tripadvisor 上查看Magakigashima附近的所有餐厅