木戶孝允舊宅

木戶孝允舊宅(萩市)

木戶孝允舊宅
3.5

3.5
41 条点评
极佳
3
非常好
24
一般
14
较差
0
很糟糕
0

巽 泰徳
日本横滨市3,769 条分享
2021年11月
宿泊先「リゾートホテル美萩」のレンタサイクルを利用して訪れました。「萩城下町」の旧町人地の一画にあり、桂小五郎が20歳まで過ごした木造瓦葺き2階建ての旧宅です。萩城下で藩医・和田家の長男として生まれ、後に藩士・桂家の養子となり、桂小五郎と名乗るようになります。17歳の頃には藩校「明倫館」で吉田松陰と出会い、兵学を学んでいます。松陰の主宰した「松下村塾」には通っていませんが、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文などからは兄貴分として慕われ、尊皇攘夷のリーダー・高杉晋作に対し、桂小五郎は暴走しがちな長州藩のバランス役として、倒幕への舵取りを任されました。
1853(嘉永6)年、ペリー率いる黒船が浦賀に来航し、巨砲を備えた巨大な黒船を間近に見た小五郎は、洋式砲術・兵学・蘭学・造船術などの知識の重要性に気づきます。1855(安政2)年、小五郎は軍艦建造の意見書を藩に提出、翌年には洋式軍艦の建造が決定されます。萩城北東の「恵美須ヶ鼻造船所跡」は、2015(平成27)年に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界遺産登録されています。
尊皇攘夷を掲げて幕府と対立する長州藩は、幕府側の会津・薩摩藩ら公武合体派と対立し、禁門の変や長州征伐など幾度も戦っていましたが、両藩とも外国の脅威に対抗できない幕府に不満を募らせていました。そんな中、1866(慶応2)年、土佐藩を脱藩した坂本龍馬を仲介役とし、小五郎は薩摩藩の西郷隆盛と薩長同盟を結ぶことに成功、1867(慶応3)年の大政奉還に繋がります。近代国家の樹立に多大なる功績を残し、薩摩藩の西郷隆盛、大久保利通とともに、“維新の三傑”の一人として称えられています。維新後は木戸孝允と改名し、新政府で重職を歴任、中央集権国家の樹立に貢献しました。
撰写日期:2021年12月24日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

Meander767454
日本神户市22,756 条分享
2021年11月
史跡萩城下町に在りました。私自身では木戸孝允よりも桂小五郎の方がなんとなくしっくりときます。小説の話で恐縮ですが「竜馬がいく」では、京都での新選組との攻防、幾松との恋愛、また江戸の練兵館時代、薩長同盟などが熱く書かれています。どの時点で木戸孝允に名を改めたかは知りませんが、激動の長州藩を指導した方です。
撰写日期:2021年11月23日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

Fairy uncle
1,694 条分享
2021年6月 • 独自旅游
木戸孝允の誕生の地です高杉晋作の生家とも近くにあります。木戸孝允と言う名は知らなくてももとは和田家(萩藩医)に生まれ桂家の養子となり「桂小五郎」の名はご存知でしょう その後に藩命により姓を“木戸”にし木戸孝允となりました。木戸孝允も高杉晋作と同じく藩校明倫館に通い吉田松陰の兵学門下に...坂本竜馬の仲介のもと薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通らと“薩長同盟”を結び明治維新に活躍は言う迄も無いですよね
西郷隆盛(せいごどん)については奄美群島(奄美大島、沖永良部島)での口コミで残してます
撰写日期:2021年6月24日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

TK_NGTT
日本横滨市3,253 条分享
2020年11月
西郷隆盛、大久保利通と並び「維新の三傑」と詠われた木戸孝允の誕生の地。当時の藩医の生活様式を見ることができます。少年時の習字も残っています。写真も展示されている。
この建物、通りからみると平屋建てのようですが実は2階建てです。参勤交代などで通るお殿様を見下ろさないようにとの配慮だそうです。
幕末の頃は「桂小五郎」の名で知られ、尊攘・討幕運動に奔走した。
維新後は明治政府の参議となり、版籍奉還、廃藩置県などを推進し、明治4年には岩倉欧米使節団に加わり外遊。
明治10年5月26日、西南戦争のさなか京都で病没した。
撰写日期:2020年12月24日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

asaka19691216
日本练马区33,749 条分享
2020年10月
桂小五郎こと木戸孝允の誕生地。表の看板に説明がありましたが、木戸孝允さんは藩医だった和田昌景の長男としてここの家で生まれ、その後は桂家へ養子となっていたんですね。

維新の三傑と呼ばれるほどの大人物のルーツが当時のままの姿をよく残している場所のようです。
少しだけ中を覗いた程度ですが、藩医だった実父の家だけにまあまあ良い家だと思いました。

高杉晋作や伊藤博文のゆかりの円政寺や青木周弼旧宅と同じ並びの路地にありましたが、歴史上の大人物ゆかりの場所がこんなに集中してるなんてすごい路地です。
撰写日期:2020年12月4日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

家庭円満
日本三重县6,495 条分享
2019年11月
桂小五郎の名で知られ、生まれてから江戸に出るまでの約20年間を過ごした家で、江戸屋横町の中ほどにあります。
部屋数が多く、庭も立派です。そんな中、小五郎の幼年時代(7・8歳頃)、少年時代(11歳)時の手習いの書が掛軸として飾られていましたが、その字の達筆さにビックリ!

ちなみに、観覧料は100円で、通りから見ると平屋に見えますが、実際は2階建てになっています。(2階は見学出来ませんが)これは参勤交代で通るお殿様を見下ろさないようにとの配慮だそうです。
撰写日期:2019年12月9日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

ETflyer
日本福冈市30,564 条分享
2019年9月
明治維新の立役者の一人木戸孝允の旧居は江戸家横町と御成道の角に近い場所にありました。入口は江戸家横町側です。質素なたたずまいで意外でした。ここでも、これだけの家屋がそのまま残っていることが驚きでした。萩市文化財施設1日券の対象施設です。
撰写日期:2019年11月19日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

shun
日本东京1,104 条分享
2019年9月
木戸孝允が住んでいた家で、中には資料も展示されています。クイズ形式になっていて、係の方が解説してくれたりするので楽しめます。
撰写日期:2019年9月21日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

Yuzukoh
日本我孙子市7,287 条分享
2019年1月 • 好友
門のすぐ脇に「木戸孝允誕生地」という石柱が立ててあるのですぐにわかります。この辺りは古い町並みが残っていて良い雰囲気です。
撰写日期:2019年7月28日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

samosamu
日本东京1,908 条分享
2019年5月 • 独自旅游
木戸孝允の家は萩藩医の家で、幼少期から厳しく育てられた様で、7~8歳の時に書いた習字が展示されていますが、素晴らしい。庭には、松とソテツがありますが、今では大きくなりすぎています。
撰写日期:2019年6月2日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

显示第 110 页的结果,共 41
信息遗漏或有误?
建议修改以优化页面内容。
完善此详情页
关于木戶孝允舊宅的常见问题

木戶孝允舊宅附近的酒店: 在 Tripadvisor 上查看木戶孝允舊宅附近的所有酒店

木戶孝允舊宅附近的餐厅: 在 Tripadvisor 上查看木戶孝允舊宅附近的所有餐厅