Houonji Temple

Houonji Temple(和歌山市)


4.0
10 条点评
极佳
2
非常好
5
一般
3
较差
0
很糟糕
0

オカピパパ
横浜市2,354 条分享
2019年9月
和歌山市内の観光名所を、地図を片手に巡っていた際、ここも入っていたため、訪れてみましたら、なんと和歌山西警察署の隣にありました。
歴代紀州藩主の御廟は長保寺にありますが、奥方様はこの報恩寺にお眠りになっているようです。
撰写日期:2020年1月6日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

Kumiko S
日本和歌山市196 条分享
2018年11月
和歌山市内の寺町にあるお寺。この一帯は和歌山でも昔を思い起こさせるとおりです。観光地としてあまり訪れることはないかと思いますが、思いにふけりながら散策するのをお勧めします。
撰写日期:2018年12月7日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

301隊長
日本钏路町4,478 条分享
2018年7月 • 独自旅游
山門の右手に、報恩寺縁起が書かれており、紀州徳川家の菩提寺であることを知ることができます。門をくぐり中に入ると、本堂の前には、徳川家の葵の御紋が記された御成門がありました。脇にある通用口から中に入ると、本堂があり至るところに葵の御紋が記されていました。
撰写日期:2018年7月21日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

もみじ
日本东京6,691 条分享
2017年11月 • 好友
近隣のお寺と合わせて寺巡りをいたしました。特にお寺に興味がある訳ではないが、見比べたりするのは面白かったです。中にも入る事ができるので、時間つぶしにはよかったです。
撰写日期:2017年12月13日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

t2byson
日本近畿5,832 条分享
2017年7月 • 夫妻情侣
 無量光寺を訪ねたついでに付近の徳川吉宗公誕生地の碑まで行く途中,立派な山門の向こうによく手入れされた庭が目に入りました。縁起書によれば,紀州徳川家代々の菩提寺とのこと。確かに至る所に葵の御門が。初代藩主の正室瑶林院をはじめ,2代光貞や5代吉宗の各正室の墓があります。
撰写日期:2017年7月26日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

たびたび
東京4,380 条分享
2017年2月 • 独自旅游
歴代紀州藩主正室の菩提寺。
墓地にはひときわ大きい徳川頼宣公の正室瑤林院のお墓。この瑤林院は、加藤清正の娘だそう。加藤清正の血は紀州徳川に受け継がれたとはとても面白いことかなと思います。
撰写日期:2017年2月19日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

yusuketta
日本习志野市1,812 条分享
2016年8月 • 独自旅游
和歌山城の南側のお寺があつまる寺町にある紀州徳川のお寺です。敷地も広く、中もきれいにされていて、往時の面影がしのばれます。
撰写日期:2016年10月9日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

yujosyo24
日本大阪市414 条分享
2015年9月 • 独自旅游
お寺が密集する寺町の一角に、立派な門構えの報恩寺があります。紀州徳川家の初代藩主・徳川頼宜(よりのぶ)の正室、瑶林院(ようりんいん)の追福のために建てられ、以後、紀州徳川家に縁ある藩士なども祀られたそうです。境内のいろんな場所に葵の御紋が見られて、徳川家のお寺なのだなと感じました。また、初代藩主の頼宣公のお墓は海南市の長保寺にあるとのことです。
撰写日期:2016年2月14日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

ダンくん
日本兵库县502 条分享
2015年10月 • 独自旅游
和歌山城の南側の寺町に位置する紀州徳川家と関係が深い寺です。敷地が広く、門が立派です。本堂は鉄筋コンクリート?のようでした。紀州徳川家の一族などの墓があるそうです。墓地はあまり好きではありませんので、墓石までは確認しておりません。
撰写日期:2015年10月16日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。

yoshimune-kun
日本和歌山市273 条分享
2014年10月 • 独自旅游
和歌山西警察署の隣にひっそりと佇んでいるのが、紀州徳川家の菩提寺である報恩寺です。
ここは、もともとは慶長14年(1609年)ころに「要行寺」として建立された寺院ですが、寛文6年(1666年)、紀州徳川家初代藩主徳川頼宣公の正室であった瑤林院が江戸で亡くなった際にこの地に霊柩を埋葬したことから紀州徳川家と縁の深い寺院となりました。

父・頼宣公から家督を継いで第2代藩主となった徳川光貞公は、寛文9年(1669年)、瑤林院への報恩と追善のために要行寺に代わって広大な寺院を造営し、これを白雲山報恩寺と名付けました。その後はここが紀州徳川家の菩提寺となり、背後の白霊山上には瑤林院をはじめ一族の藩士の霊が祀られるようになったのです。こうしたことから、同寺は別名「武士寺」という名前でも呼ばれます。

その境内に入って本堂を南に回り込むと、紀州徳川家御廟への参道があります。
市街地の中にあるにも関わらず意外に奥行きの深い参道を歩いて行くと、紀州藩ゆかりの墓と思しき墓石が並んでいるのを見ることができます。そして、その参道を登り切った場所に、紀州徳川家御廟があります。
御廟には、紀州徳川家初代藩主頼宣公の正室であった瑶林院をはじめ、第2代藩主光貞公正室の天真院、第5代藩主吉宗公正室の寛徳院をはじめ、側室や歴代藩主の子女らの墓碑が並んでいます。

報恩寺建立のきっかけとなった瑶林院は、「虎退治」で有名な熊本藩初代藩主の加藤清正の第5子、次女として誕生し、「八十姫」と名付けられました。この名には、「九(苦)のない幸せ」という意味が込められていたと伝えられています。
慶長14年(1609年)八十姫と徳川家康の十男である頼将との間で婚約の儀が整います。この時八十姫はわずか9歳(数え年)でありました。その後、元和3年(1617年)、八十姫17歳の時に二人の婚礼が行われます。このとき、頼将は徳川頼宣と名をあらため、16歳にして静岡の駿府城主となっていました。
そのわずか2年後、元和5年(1619年)に安芸広島藩主福島正則が無断で城を修理した責任を問われて改易され、その後に和歌山藩主浅野 長晟が移ったことから、入れ替わりで頼宣公と八十姫が和歌山城へと入城します。これが「紀州徳川家」のはじまりとなるのです。

初代藩主というなんとなく年寄りのイメージがありますが、和歌山入城の際、頼宣公は18歳、八十姫19歳と非常に若々しいお殿様とお姫様だったのです。
八十姫(後に瑶林院)は、その後約50年にわたって頼宣公と睦まじい結婚生活を送ります。亡くなったのは寛文6年(1666年)、66歳のときでしたが、その翌年に頼宣公が藩主の座を長男光貞公に譲って隠居したのは、瑶林院が亡くなったことと無縁ではないと思います。
市街地の中とは思えないほど静謐なこの御廟に入ると、ここに刻まれた歴史が体に染み込んでくるような気持ちになります。皆さんも、ぜひ一度訪れてみてください。
撰写日期:2015年9月24日
此点评为 Tripadvisor 会员所写的主观评论,并不代表 TripAdvisor LLC 的观点。
信息遗漏或有误?
建议修改以优化页面内容。
完善此详情页
关于Houonji Temple的常见问题

Houonji Temple附近的酒店: 在 Tripadvisor 上查看Houonji Temple附近的所有酒店

Houonji Temple附近的餐厅: 在 Tripadvisor 上查看Houonji Temple附近的所有餐厅